お役立ち!web会議の達人

総合ランキング

FreshVoice
総合評価★★★★★
LiveOn
総合評価★★★★
MeetingPlaza
総合評価★★★★

web会議システムを比較するためのサイト

web会議システムを有効に活用することになれば、会社内の費用削減や業務能率化を実現することが不可能ではありません。このサイトにおいてはWEB会議システムを細部にわたって比較するためのページになります。

システム導入で、社員が事務所にいなくても会議ができ、 生産効率が向上しさまざまなワークスタイルが実行でき、社員の満足度が上昇するというアドバンテージが生まれます。 その一方で、どういったシステムを組み入れすべきかは決めづらいです。 そのためこのサイトでは 会議システムを余すことなく比較します。

主な特徴を知るのみならば、こちらのレポートを読めば確かです。 まず第一に、おおまかにどういった会議システムがあるのかを知り、そして重要ポイントに沿って対比して検討しましょう。このサイトを参考にしてください。

FreshVoice

働き方改革にともない、自宅で仕事をする人が増えています。しかし、会議はみんなでしたいという場合に便利なのがweb会議。PCなどの媒体があればその場ですぐ多数の方とできます。FreshVoiceなら、最低3000円から200拠点といっぺんに繋ぐことができます。

その場で話せるだけだはなく、情報の共有や保存にも特化しています。例えば、音声の録音。1度では覚えられないようなことや、音声ファイルにして残しておきたい場合に使うと便利です。また、地図共有や、位置表示もできます。言葉では説明しづらい場所も明確化されます。

また、FreshVoiceのサイト内にホワイトペーパーというものがあります。ホワイトペーパーとは、FreshVoiceについての情報が開示されているものです。web会議の必須アイテムである適したマイクなども教えてもらえます。情報開示もしっかりされていると、安心です。

LiveOn

LiveOnは、web会議・テレビ会議システムに特化している企業で、完全自社開発製品を14日間無料でお試しすることも可能で、音声遅延や音切れ、web会議でこうしたストレスを感じるのか、自動帯域制御機能やジッタバッファ制御機能などをチェックすることができます。

無料版でのデメリットには、品質が安定しないことがありますが、LiveOnでは、CDに近い32KHzの高音質を実現し、独自の圧縮技術によって、回線状況の悪い場所でも途切れや遅延も少なく、快適なweb会議を実現させてくれます。加えて、独自の通信プロトコルでセキュリティ面に強みもあります。

無料版のみならず、LiveOnの利用料は、月額3000円の定額制、安価な費用も魅力で、利用頻度や時間、場所を気にすることなく利用可能です。もちろん、導入までではなく、その後のフォローもしっかり行ってくれます。

MeetingPlaza

今までのweb会議の一つの課題でもあったのが、ネットワーク上であるが故のエコーやノイズなどの問題。しかしMeetingPlazaではエコーを自動で除去してくれるものや、サーバミキシング方式といったネットワークに負担をかけない方式により、複数人の発話でもクリアに聞こえるような仕組みがなされています。

また、導入するにあたってどのプランがいいのか、オプションは何を付けるべきかと悩むこともありますね。しかし、MeetingPlazaでは標準の料金に豊富な機能が詰め込まれており、あとは人数に応じて選ぶだけなので料金選びも簡単です。またいざという時のサポートは緊急を要するものであれば24時間可能であり、何かあったときのサポートも万全です。

他には、企業によって社員の人数は違います。規模によって最大2000人まで対応できるという利点もあります。また、世界中にサーバがあり、日本国内にとどまらず、世界各地で会議に参加ができます。

ブイキューブ

出来るだけ会議に時間をかけたくはない、と考えている企業も増加しています。しかし時間短縮を心がけるというのはかなり大変です。そこで最近ではweb会議のシステムを導入する企業が増加をしています。会議の簡略化が可能になりました。

しかしどういう方法で行うべきなのか、悩んでしまうということもあるでしょう。ブイキューブは様々な種類のサービスを提供しています。自社にピッタリなサービスを選択することもできるようになっているので便利です。

コスト面でも高額ではないので、利用しやすいです。リーズナブルな価格でweb会議を行うことができるようになっているので、会議にかかるコストを大幅にダウンさせることができます。

ブラザー

会議を行うとき、いろいろなところから参加者を募るのは大変です。ただweb会議となると通常は映像や音の質が良くなく、まともに会議ができないときもあります。ブラザーのシステムは高音質、高画質の会議が可能で、きれいに録音や録画もできます。

web会議をしているときにはパソコンソフトを資料として使うケースがあります。通常は見せるだけでそのソフトの内容などをその場で編集したりはしないかもしれません。ブラザーのシステムなら、会議をしながら編集もできます。

web会議を行うとき、あらかじめ参加者に伝えてそれぞれの人のアカウントを確認します。他社から参加してもらうときは別途アカウントを発行する必要がありました。ブラザーのシステムは招待さえすればアカウントなしでも会議に参加ができます。

PGi

会議をするとき、メンバーが同じ場所に同じ時間に集まるのはあまり効率的ではありません。PGiが提供するweb会議を使えば、メンバーの場所や時間の問題を解決してくれます。高画質で利用できるいろいろな仕組みとのコラボが可能です。

会議の効率を大幅に変えることができるのがweb会議です。しかし導入するのに一定のコストがかかったり、いざ導入しても希望通りの使い勝手が得られないときがあります。PGiでは無料トライアルがあり、体験をしてからの導入ができます。

web会議のシステムは、日本企業以外にも海外企業も優秀なシステムを提供しています。PGiは世界的にはよく知られている会社で、世界の多くの企業で導入されています。日本で利用する時には、日本語によるサポートも受けられます。

web会議を導入する上での知っておきたいポイント

web会議を活用するケースで、僅かであろうとクリーンな画質を選択することが出来れば、顔の表情などもきちんとチェックする事ができるので、素晴らしい会議を実行できます。それとは反対に画像の質が良くないと活用している人の顔の表情を把握する事ができないので、状況次第では密度の濃い話し合いをする事ができないリスクが出てきます。 最新式になるほどレベルの高い画質となっていて、顔の表情をチェックできるようになっています。導入を想定している人は、画像のクオリティーを確かめることも重要なファクターになっています。魅力があってあざやかな画像のクオリティーが保たれているほど、スムーズな会議をインターネットを経由して実施できるので、無料体験などを利用して会社への導入を検討しましょう。

システムのタイプによって、操作性についても全く違いがあって、手間のかかる操作性になっているケースもありますし、どんな人でも手間をかけることなく利用することができる操作性のシステムもあります。それほど操作に対して慣れていない人は、取り組みやすい操作性になっている会議システムを選定すれば、スムーズに利用できます。 操作性に関してもあらかじめチェックする事ができ、問い合わせる事で微に入り細に入り紹介してもらう事ができます。操作性を気にしている方は、お試し期間を活用してさまざまに確かめるのもひとつの方法になります。 数多くの人がスムーズに利用できるように簡単な操作性が構築されていて、即座に導入後に活用することが出来るように創意工夫されているシステムが多く用意されています。

インターネットを用いた会議となるため、セキュリティに効果的な対策はとても重要になります。手間ひまかけて定められた場所に集まらなくても会議を実施する事が可能なので、たしかに非常に機能的なシステムですが、セキュリティに効果的な対策が不備な場合、大事な話が第三者へと漏れたり、或いは改ざんといった状態を発生させる恐れがあるので注意を払わなくてはいけないといえます。 近頃のインターネットを介しての会議につきましては、セキュリティに効果的な対策が手抜かりなく行われており、もしもの事態にも備えられるように取り組みがされています。従いまして、業務上の大事な話をするのは当然の事、遠い所でインターネットを経由して会議に取り組む事になったとしても安心して活用する事ができます。

カテゴリ

PAGE TOP